ハーレーダビッドソンの魅力について

ハーレーダビッドソンの魅力についてたくさんお伝えしていきたいと思います。

ハーレーダビットソンの魅力

アメリカンバイクの代名詞ともいえるハーレーダビットソン、誰もが一度は耳にした
ことのあるバイクの名称だと思います。

では、ハーレーダビットソンのどのようなところに、魅力を感じているのでしょうか...

ハーレーダビットソンの鼓動感は、これぞハーレーダビットソンという、最大の特徴になります。
この鼓動感は大排気量空冷Vツインエンジンならではで、2次振動が発生せずに1次振動だけ大きく
感じるため味わえるもので、国産車メーカのアメリカンタイプのバイクでも、大排気量空冷Vツイン
エンジンを採用してはいますが、本場のハーレーダビットソンにはかなわないはずです。

ハーレーダビットソンはシートの低さに、独特のエンジンと排気音、そして個性あふれる外観、
これらは他のバイクにはない独特の存在感をかもしだすバイクで、今などバイクファンの心を
捕えてやまない、永遠のブランドではないでしょうか。

2001年にアメリカ本社最高経営責任者兼会長のブルーステイン氏が、「高級なハーレーから
ポピュラーなハーレーへ、誰でも乗れるハーレーを目指す」との考えを示しているように、
近年、男性のみならず女性ライダーが急増しているのも、ハーレーダビットソンの特徴のひとつ
といえるのようです。


ハーレーダビットソンの中古車

ハーレーダビットソンというのは、新車以上に中古車市場が人気があるのをご存知ですか。
その理由としてハーレーダビットソンというのは、中古市場でもとても質のいいものが、
多く出回っているからなのです。

中古のハーレーダビットソンを選ぶ時のポイントですが、基本的には車で点検するのと
同じだと考えていただければ大丈夫です。
車を中古で購入する時に最も気になるのは、年式、走行距離、タイヤの溝、車検時期などですね。
これらは、中古のハーレーダビットソンを購入する時にもやはり重要ですし、もちろん事故歴が
ないことも調べてください。

ハーレーダビットソンの特徴として、カスタムすることがあります。
カスタムを楽しむというのは、ハーレーダビットソンならではの楽しみになります。
中古車で販売されているハーレーダビットソンに、高価なパーツがついていれば、この上なく
お得感があるように感じますが、ハーレーダビットソンのカスタムには、車検非対応のものも
多くありますので、必ず純正パーツがセットでついているかの確認をしてください。

ノーマルなハーレーダビットソンの中古を選ぶか、カスタムされたハーレーダビットソンの中古を選ぶか、
それはご人身の好みになりますが、最終的にはご自身のハーレーダビットソンをご自身の手でカスタムし、
ハーレーダビットソンを乗りこなしていって欲しいです。

ハーレーのTシャツメンズ
ハーレーのTシャツはこのショップが一番取り扱い数が多いです。

ハーレーダビットソンの特徴

ハーレーダビッドソンの最大の特徴は、大排気量空冷OHV、V型ツインエンジンで、このエンジンがもたらす
独特の鼓動感に、多くのファンが魅了されていました。
ハーレーダビッドソンとは、音と鼓動を楽しむバイクの代表格でありましたが、近年、環境保護の観点から、
ツインカム88Bエンジンが登場し触媒技術の導入で、音や振動が以前のモデルよりも抑えられるようになりました。

ハーレーダビットソン社の100年の歴史の中において、かつては小型スクーターなども製造していました。
しかし日本のオートバイメーカーとの競合により、採算の取れない車種を廃止するという規模縮小がされ、
現在は、フリーウェイを長距離を走ることを重視した車種の販売が中心となっています。
逆をいうと、山間部やサーキットでは残念ながら、ハーレーダビットソンその能力をじゅうぶん発揮できない
ということになります。

日本でも、1996年の大型自動二輪車免許創設による自動車教習所での免許取得制度確立により、
大型自動二輪免許の取得者の増加や、2005年から施行された、道路交通法改正による自動二輪車の高速道路
二人乗り解禁により、バイクでの高速道路の利用がしやすくなったことも反映し、ハーレーダビットソンの
普及が広まりつつあるようです。


ハーレーのキャップ
http://riders-base.com/?mode=cate&cbid=934093&csid=0
ハーレーのキャップをたくさん取り扱っているショップはここです!

ハーレーダビットソンの盗難対策

ハーレーダビットソンに限りませんが、自分の愛車が盗まれるのは考えたくはないと思います。
しかし現実は残念ながら、盗難事件が年々多発しているようです。

そんな盗難から逃れるためには、どのような対策を取るべきか...

簡単な方法としては、ハーレーダビットソンにカバーをかけるというものです。
カバーをはずさなくては、中にあるバイクがどのようなメーカーで、どのような車種か判断しにくい、
また、カバーをかけることでカバーをはずすという手間が発生し、盗難しにくい環境をつくるという
部分にも効果が期待できるでしょう。

次にチェーンロックなどになりますが、一つではなく複数とりつける方が望ましいです。
一つならば簡単に外せるチェーンロックでも、いくつかつけることではずすのに時間がかかることから、
見ただけで盗難を諦めてしまうというケースがあるそうです。
ロックというのは外せないものとは考えず、簡単に外せるものだと思っていただけくのが理想です。
そう思うことで、複数のチェーンロックをつけて盗難を防ぐ意識を高めて欲しいと思います。

しかしハーレーダビットソンというのは、カスタムを楽しむバイクでもあり、その大事なパーツ部分をはずし
盗難していくケースも中にはあります。
これは最近多くみられる窃盗のひとつで、プロ窃盗団が作業をおこない、中国に売っているという噂も聞きます。

自宅に停めていて盗まれる、というケースがいがいと多くあります。
ここならば大丈夫だろうという気持ちを持たずに、しっかりと盗難対策をして欲しと思います。


ハーレーのヘルメット
ハーレーのヘルメットを買うならここのショップはこちらです!

ハーレーダビットソンと日本

ハーレーダビッドソン社は現在、ウィスコンシン州ミルウォーキー市に本部を置くアメリカ合衆国の
オートバイ製造会社ですが、日本との関係は大変古くからあったことご存知ですか。

ハーレーダビットソンは1912年、日本陸軍が初めて輸入し、当時はサイドカー付きが中心で、
主に軍用車両として用いられていました。

その後、1931年には世界大恐慌のあおりもあり、ハーレーダビッドソンの輸入をおこなっていた
国内の製薬会社の三共が、生産した車両を日本国外へ持ち出さない事を条件に、ハーレー本社から
ライセンスを取得。
そして、日本らしい名前の「陸王」という名のハーレーダビットソンが、日本で製造販売された
こともありました。
しかし、1960年に陸王の生産は打ち切られた、生産会社も翌年に倒産。

1989年に日本法人のハーレーダビッドソンジャパン(株)が設立され、現在に至るまで正規販売が
おこなわれています。
各地に正規販売店やレターショップを置き、フランチャイズ契約を行なっています。
この総代理店であるハーレーダビッドソンジャパンの通達により2003年頃、ハーレーダビットソンの
違法マフラーの取り付けが自粛され、各都道府県の代理店、レターショップでも違法マフラーの取り付け
自粛の協定が結ばれました。


ハーレーのティシャツ
ハーレーのTシャツを選ぶならここのショップがいいでしょう。

ハーレーダビッドソンの魅力カテゴリー項目一覧

ハーレーダビットソンの魅力

増加する女性ハーレーライダー

ハーレーダビットソンの歴史

ハーレーダビットソンの人気車種

ハーレーグッズ

人気のパーツランキング

ハーレーダビットソンと日本

盗難対策

ハーレーダビットソンの特徴

ハーレーダビットソンの中古車